08.08.2021

オリンピック大会がフランスに戻ってきました ! パリ2024は、新しい開催都市の中心部で特別な祭典を提供します

オリンピック大会がフランスに戻ってきました ! パリ2024は、新しい開催都市の中心部で特別な祭典を提供します

8月8、東京2020オリンピック大会の閉会式において、パリのアンヌ・イダルゴ市長が小池百合子東京都知事からオリンピック旗を受け取りました。これにより、パリは1924年の開催から100年を経て、正式に次のオリンピック開催都市となりました。パリ2024は、この最初の式典で、これまで以上に開放された大会にするという野心を示したいと考えました。東京とパリのトロカデロ庭園の間で行われた引き継ぎ式には、5,000人以上が参加し、東京2020のフランス人メダリストたちも出席しました。

   パリ2024を覗き見

アーティスティック・セグメントに初めて組み込まれた国歌から、パリの屋上で行われたBMXレースまで、その最初の式典で、パリ2024は大会をスタジアムから連れ出しました。式典は、スポーツと新しい開催都市との出会いとして企画されました。パリの象徴的なランドマークから、パリ市民の日常生活の場、さらには、フランス人宇宙飛行士のトマ・ペスケ氏のサプライズ登場により、宇宙までもが舞台となりました。

この芸術的コンセプトは、スポーツを従来の空間から解き放つというプロジェクトの野心を反映したものでした。パリ2024大会は、フランスの最も有名なランドマークの麓に仮設の競技会場を設け、開会式を大会史上初めて街中、つまりパリの中心部であるセーヌ川沿いで行うなど、街に開かれた大会となります。

この式典は、6月8日にパリで行われた予行演習の際に撮影された、エッフェル塔の先端にのパリ2024エンブレムが描かれた旗の壮大な映像で締めくくられました。

 

パリ2024は、地元にいる一般の人々にもこの式典を体験してもらいたいと考えました。東京にいるフランス代表のメダリストたちを先頭に、5,000人以上が、パリ2024のトニー・エスタンゲ会長の立ち会いのもと、フランスへの大会の到来を祝いました。

今回の式典では、パリ2024は新世代のアスリートやフランスのクリエイティブな才能と協力し、新鮮でモダンなタッチをもたらしました。作曲はウッドキッド氏、マルセイエーズの管弦曲への再編曲はヴィクトル・ル・マスネ氏、フランス国立管弦楽団の指揮はクロエ・デュフレーヌ氏、演出はヴァランタン・プティ氏が担当しました。

*式典のすべてをこちらからご覧にいただけます: https://press.paris2024.org/assets/media-guide-handover-ceremony-paris-2024

 

オリンピックの旗が89日にフランスに到着

国立競技場でアンヌ・イダルゴ・パリ市長に手渡された旗は、89日(月)に東京から帰国する最後のフランス選手たちと共に、正式にフランスに戻ります。

パリのアンヌ・イダルゴ市長とパリ2024のトニー・エスタンゲ会長は、このシンボルをフランスの人々と共有したいと考えています。パラリンピック大会終了後、セーヌ・サン・ドニ地域を皮切りに、大会開催地域を中心にフランス全土で旗のお披露目ツアーが行われます。

パリは東京からバトンを受け取ったことを誇りに思っており、選手、スポーツ、そして大会のために、その特別な舞台を提供する準備ができています。

 

オリンピック旗の引き継ぎ式関連の映像はすべてこちらにあります http://boutique.paris2024.org/

 

パリ2024に関する情報

引き継ぎ式メディアガイド

パリ2024プレゼンテーション・パック - バトンを受け取る準備万端

すべてのパリ2024コミュニケーションズおよびメディア・ライブラリー: https://presse.paris2024.org/

 

パリ2024オンラインショップ

パリ2024は、フランスでの大会開催を機に、公式オンラインショップをオープンします。2024年までに新商品を追加していく予定です。  http://boutique.paris2024.org/

_____________________________ 
 

パリ2024に関して

 

パリ2024オリンピック・パラリンピック競技大会の組織委員会(パリ2024)は、国際オリンピック委員会(IOC)、フランス国立オリンピック委員会(CNOSF)およびパリ市が締結した開催都市契約に基づき、2024年にパリで開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会の企画、運営、資金調達、実施を行うことを任務としています。

オリンピック・パラリンピック競技大会は、世界を代表するスポーツイベントであり、約10,500人のオリンピック選手と約4,350人のパラリンピック選手が5大陸からそれぞれ206と182の代表団を代表して集結し、特有のメディア効果をもたらします。10万時間を超えるテレビ中継を通じて、世界中で1,300万人以上の観客と40億人以上の視聴者が大会を観戦しており、スポーツ、経済、文化における非常に重要な世界的なイベントとしての影響力は他に類を見ません。

20181月に設立されたパリ2024は、3度のオリンピックチャンピオンであり、IOC委員でもあるトニー・エスタンゲが代表を務めています。CNOSF、パリ市、国、イル・ド・フランス地域圏、CPSF、パリ大都市圏、セーヌ・サン・ドニ県議会、および大会に関わる地方自治体の代表者たちから成るプロジェクトの創設メンバー全員を集めた執行委員会(EB)によって運営されています。